彩を楽しむ♪

新緑の気持ちいい季節ですね。

Fadihlaで色を加えて、気分も軽く明るくなりますね。

サーモンピンク、素敵ですよ♪

Marioul Fadhilaマリュールファディーラの次回ポップアップは6月6日〜8日の3日間

秋葉原駅そばのMANSEI BRIDGEです。

半袖15色ほど、長袖30色ほど取り揃えております。

日本ではここだけの販売となります。 チュニジアのレアブランド、皆さま見に来てくださいね〜☆

【GINGER WEBでの掲載】

https://gingerweb.jp/fashion/slug-n58bcb1c6bc2f

 

 

☆ Fadhilaファディーラ半袖、長袖のポップアップショップ@MANSEI BRIDGE

日時 : 6月6日(木)〜8日(土) の3日間 11時から20時まで

場所: MANSEI BRIDGE FREA MARKET

東京都千代田区神田須田町 1-25-4

https://www.ecute.jp/maach/access

展示販売会開催中

馬喰町での展示販売会、始まりました!

ここは繊維の問屋街。 チュニジアデザインのカラフルさはちょっとテイスト違いですが、

目立つのはいいことです☆

 

チュニジア老舗ブランド、Marioul Fadhilaマリュールファディーラ、これからの季節、白地にストライプでさわやかに。

表面はレーヨンで光沢のある生地、内側と首周りの肌に触れる部分はコットン。

前開きのボタンは、授乳中の女性でも便利に着用頂けるようにデザインされているとか♪

さすが、50年チュニジアで愛されているブランド、ファディーラの良さをもっともっと日本でも知っていただきたいです。

本日届いたばかりの(本当は販売会前に届くはずだったのですが、現地がラマダン中で遅れてしまいました。。)

長袖の新色、そして半袖、明日より店頭に並べますよ〜。

 

 

他、今後入荷予定のチュニジアのハンドメイドの品々も展示しております。

 

 

こちらは、チュニジア新進気鋭デザイナーのファンタールによるシルクスカーフ

早速、一目ぼれされたマダムにご購入いただきました。

 

 

********************展示販売会の詳細*******************************************

日時 : 5月20日(月)〜26日(日) 11時から19時

場所: 東京都中央区日本橋横山町10-5WIZU  ※

※JR馬喰町徒歩1分, JR浅草橋徒歩5分, 都営浅草線 東日本橋徒歩3分,  都営新宿線 馬喰横山町徒歩3分

26日(日)までの開催です。

 

イベントご案内《チュニジアンティータイム&ヴァイオリンmini演奏会》

 

音楽で巡るチュニジア  La tunisie a travers la musique

 

チュニジアは、北アフリカ発祥のベルベル民族にアフリカ文化、アラブ世界、地中海の文化が溶け込み独特の魅力ある国です。 各地域の風土、料理、そして音楽にも多様性が見られます。

今回は、そんなマルチカルチャーなチュニジアを、音楽を通じて知っていただくイベントです。

ヴァイオリンの生演奏を交えながら、チュニジアの魅力を紹介いたします。

チュニジアのミントティー、デーツや干しブドウのドライフルーツと共にエキゾチックなひと時をお楽しみくださいませ♪

チュニジアの太陽を一杯浴びたドライフルーツは大好評です☆

今後取り扱予定のデーツ、干しブドウ、オレンジ、どれも入荷を楽しみにしていただいている美味しさですよ。

 チュニジアンティータイム&ヴァイオリンmini演奏会 

演奏  : ナウフェル エル = カシール  (チュニス音楽院基礎科修了)

日時  : 2019年5月25日(土)14:00〜15:10

場所   : 東京都中央区日本橋横山町10-5 WIZU

参加費: 1,500円(税込) ミントティー&ドライフルーツ付き

イベント開始前にお支払いください。 ※クレジットカード可

☆ お席に限りがございますので、予めご予約下さい。(salasahcompany@gmail.com)

 

 

展示販売会のお知らせ

チュニジアの素敵な手仕事と、お馴染みチュニジアブランドMarioul Fadhila(マリュールファディーラ)の展示販売会を開催いたします。

日本ではここだけ♪の商品ばかりですので是非皆さまお立ち寄りくださいませ☆

定番の長袖カットソーの新色、そして半袖も取り揃えております。

全色で30色くらい(正確に数えてません。。)と、Mサイズのほか、若干のSサイズとLサイズもございます。

 

下記は、ハンドメイドの品々。 アパレル様向けの提案サンプルですが、今後取り扱い予定です。↓

左はhacykハイックといい、羊毛を薄ーくさいて糸にしたものから織られたドレス。

夏の太陽から肌を守るチュニジア伝統工芸品。 今では作り手が少なくなってきているようです。

麻のように軽く風を通します。

右のポンチョは、ウールで、こちらもハンドメイド。

自然の植物を使って海水で色染していますが、無い色(写真のオレンジのように)は身体に影響のない染料が使われています。 親子3代で着ていただけるそうです。 まるで絨毯のようですね。

 

こちらは、チュニジアでよくみられるイ草の鞄に北アフリカ先住のベルベル民族のデザインが刺繍されたバッグ

 

是非皆様にご覧いただきたいです☆

 

《チュニジアデザイン展示販売会》詳細

日時 : 5月20日(月)〜26日(日) 11時から19時予定

場所: 東京都中央区日本橋横山町10-5WIZU  ※

※JR馬喰町徒歩1分, JR浅草橋徒歩5分, 都営浅草線 東日本橋徒歩3分,  都営新宿線 馬喰横山町徒歩3分

ドゥッガ遺跡

チュニジア北西部に位置するドゥッガの古代遺跡
元々はベルベル人の街でしたが、紀元前2世紀ごろ、ローマ帝国によって占領されました。 600mと標高も高く良い土壌であることから、穀物生産の地として目を付けたとか

その後は、ベルベル人とローマによって共同で統治されていました。
この遺跡は保存状態もよく1997年にユネスコ正解遺産に登録されました。

マルシェ、広場、公共風呂、、2000年前の生活を想像しながら遺跡を歩きました。 あまり今と生活って変わっていませんね。

古代劇場跡では現在もコンサートが行われています。

4月の良い季節なのに、観光客もまばらで、折角の遺跡が勿体気もしますが、
反対に多くの観光客が押しかけて、ここののどかな雰囲気がなくなるのも嫌だな〜と思ったり。。 もっと知ってもらいたい、でもほどほどで。。と変な控えめ商売気質、奈良出身の私は思うのでした。