ご紹介

《次回ポップアップショップのお知らせ》

 

☆ Fadhilaファディーラの新色、チュニジアデザイン商品の販売展示会

日時 : 5月20日(月)〜26日(日) 11時から19時

場所: 東京都中央区日本橋横山町10-5WIZU  ※

※JR馬喰町徒歩1分, JR浅草橋徒歩5分, 都営浅草線 東日本橋徒歩3分,  都営新宿線 馬喰横山町徒歩3分

日本では未入荷の洗練された素敵な品々です。

是非、一度ご覧くださいませ。

 


主な活動内容

○ チュニジアブランド Marioul Fadhila(マリュール ファディーラ)日本公式販売代理店

○ チュニジア雑貨の販売、卸

○ チュニジア文化普及のためのワークショップやイベント開催

取引実績

◇株式会社ベイクルーズ

◇ La liste tunisienne


主な取扱商品

Mariuol Fadhila マリュールファディーラ カットソー

Foutaフータ(コットンクロス)、ティーグラス、アクセサリー、モビールなど

————————————————————————————————————————————————

皆さま

当ウェブサイトにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。

以前は、自分がチュニジアとのビジネスを始めるとは全く想像すらしておりませんでした。

大学卒業後、まず商社で勤め、フランスへ行き、帰国後は派遣社員として事務をして、また海外へ。。という落ち着きのない生活を送ってまいりました。 何かを見つけられそうな、でも何かわからない。。「何か」を探しに、働いては海外へということを繰り返していました。

根を張ることはできませんでしたが、好きなことは続けてきました。

フランス語、写真、視野を広げる、自分と向き合う。。

そうするとひょんなことからチュニジアと縁が生まれ、チュニジアと日本を繋ぐ「何か」をやりたい!と具体的な道筋が見えてきました。

左)チュニスの旧市街風景   右)カルタゴ時代(紀元前500年くらい)の港跡

 

左)甘いミントティーとあま〜いお菓子  右)家庭のクスクスが一番!

 

チュニジアは北アフリカの小さな国ではありますが、紀元前より近隣の強国に侵攻され、歴史と文化の交差点のような場所です。

日本のような単一民族国家からするととてもエキゾチックですよね。

色んな国を旅して、人よりも視野が広い気がしていましたが、チュニジアのようなイスラムの国については、思い込みや偏見で見ていたことに気が付きました。

偶然出会った縁、私自身勉強しながら皆様にチュニジアの素敵な雑貨・工芸品などをご紹介していきたいと思います。

当ウェブサイトは、チュニジアの工芸品などを販売するツールではありますが、ここから飛び出して、もっと色んな人、事を巻き込んでいって面白い企画もやってみたいです。

皆さまも何かよいアイデアございましたら、お知らせいただけますと幸いです。

2017年11月11日

サラーサ企画/ 梶原 美保